2009年02月26日

下落相場でも上昇している爆上げ銘柄

26日前場の東京株式市場で日経平均株価は続伸。前引けは前日比99円09銭(1.33%)高の7560円31銭だった。外国為替市場での円安・ドル高傾向を受け、ハイテクなど輸出関連株の一角が買われた。政府による株価対策などへの期待が強いうえ、公的年金などによる買いも指摘され、下値不安が後退すると買いが広がった。東証株価指数(TOPIX)も続伸。

昨日のバブル後最安値を割り込んだが、与謝野氏の株式買取機構設置を検討。

それを受けて、若干だが持ち直している模様。

当然ながら国益を期待した上で企業を支えることだろう。

しかし、個人投資家にとっては短期的に上昇する株、注目銘柄がわかるシステムが必要だろう。

下落相場でも上昇している爆上げ銘柄は存在するし、この乱降下する相場でも勝ち続けている投資家はたくさんいる。


2億を作った仕手株投資法の秘密とは・・・

ラベル:仕手株
posted by 仕手株マスター at 12:38| 株価ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。